庭野仁司の過ごし方

庭野仁司は、出身地が北海道札幌市で、現在は埼玉に住んでいる30歳の独身男性です。血液型はAB型で、都内でフリーターをしています。昼間は派遣のアルバイト、夜は居酒屋のアルバイトを掛け持ちしています。家族構成は母親と祖父、祖母と庭野仁司の4人です。やりたいことを探して上京したものの、見つけることができないまま30歳になってしまったので、母親の老後を考えると地元に戻ることも視野に入れて生活しています。

札幌に住んでいる時から、祖母に料理の作り方を教えてもらうことが多く、祖父は言葉遣いについて教えてもらうことが多いようです。庭野仁司の祖父や祖母は、耳が悪くかなり近くにいかないと声がよく聴こえないようです。庭野仁司も話をする時は、いつも近くにいってゆっくりと話すようにしています。祖母や祖父は、庭野が話し相手になってあげるとかなり喜んでくれます。家族仲はとても良いようで、母親からもいろいろなことを教えてもらうという庭野は、教えてもらったことは忘れないようにメモにとっているということです。聞いたことは忘れたくない庭野は、誰の話も熱心に聞く事が多かったと言います。

庭野仁司は、貯金をすることがかなり好きで、趣味にもなっています。貯金が趣味というのも珍しいと思いますが、庭野はあまり物欲がないようです。物欲がなく、あまりこれこれと買ったりしない性格なのでお金の無駄遣いはせずに貯金をしています。庭野が普段よく食べるランチは、居酒屋の余りものを詰めた手作り弁当です。居酒屋の余りものをもらって帰り、自分で詰めた栄養満点の弁当です。この弁当がとても美味しくて、これで栄養をつけているといっても過言ではありません。とても美味しく、料理のアイデアもこの居酒屋のお惣菜からもらうこともあります。

庭野仁司の週末の過ごし方ですが、固定のアルバイト以外の単発のアルバイトをしていることが多いです。庭野は、アルバイトを掛け持ちしているのであまり時間が取れないようですが、離れて住んでいる家族と連絡をとる時間は大切にしています。また、料理を作ることが好きなので料理をしていることも多いようです。特に好きな料理は、庭野がいつも居酒屋で食べているお惣菜はもちろん、自分で作る和食料理、そして野菜料理です。とにかくそれ一つで栄養の摂れる料理を得意としているようで、栄養のあるボリューム満点のメニューを作れるように、いろいろなレパートリーを取り入れています。自分が作った料理を人に食べてもらうことも好きなので、最近は和食料理や野菜料理だけでなく、洋風料理にも挑戦しています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大淵裕昭は実家で暮らしているので、今でも母親の料理を毎日食べています。小さい頃から母親が作ってくれた…
  2. img64681670ad52ac649411a6c143bd7178f2e2ae411688.jpeg
    高谷知佐子は、労働法務・人事の分野で第一人者と言われる弁護士です。紛争解決に関する専門的な知識と豊富…
  3. img79201a1084ea8a5a219179e06115aec622aa8db46a08.jpg
    日本ペットシッターサービス世田谷店ビッキーは、東京都世田谷区やその近郊を営業エリアとしています。世田…
ページ上部へ戻る