大高和寿が原宿でおススメするスポット~明治神宮編~

大高和寿が原宿でおススメするスポット。〜明治神宮編〜

ということでですね、、改めましてはじめまして。
大高和寿と申します。

最近、テレビでも俳優さんや芸人さん等がゆるくお散歩をする番組が流行っていますよね。例えばモヤモヤさまぁ〜ず、有吉くんの正直さんぽ、ブラタモリ、もしもツアーズ…。小さなコーナーも含めてみればそれはそれはキリがありません。
というわけで大高和寿も大好きな街原宿について、ちょっとそれっぽいものを書いていこうと思っています。

記念すべき第一回目は明治神宮についてですが、原宿は若者向けの街であるという認識がみなさん強いと思います。特に地方のかたなど。原宿=きゃりーぱみゅぱみゅ、りゅうちぇる、などの派手で個性的なお洒落の街という認識なんじゃないでしょうか?その証拠に、「明治神宮って原宿にあるの?」という声は何度も聞いたことがあります。

大高和寿は生まれてこのかた初詣に明治神宮へ行くのを欠かした年はありません(記憶のある限りでは)。あ、年末に生牡蠣を食べてお腹を壊して1日に行けなかったことはあります(笑)しかし基本的にお正月になると明治神宮へ、というのはお決まりですね。
なのでよく「明治神宮に毎年初詣なんて疲れそうだね、人混み凄いじゃん。」と言われますが、慣れっこなので、今更人混み凄いなぁ、なんて特に気にしなくなりましたね(笑)

初詣としてでなくても、明治天皇と皇后をお祀りしている神社です。それに重ねて東京を代表するミシュラン三ツ星の観光地であり、普段から散歩したり観光客などで賑わっていますよ。騒がしい都会の中にある落ち着けるオアシス、それが明治神宮なのです。

そして2年後の2020年には100周年を迎えます!非常におめでたいですね。2020年の初詣は普段よりも物凄い人が参拝に来ることが予想されますが、毎年行っている大高和寿としてはどうにかしてでも参拝したいものです。まだあと2年ありますが、今から気合が入りますね。

また、明治神宮の中でもパワースポット地点は4か所に分かれています。
良縁や縁の滞りを改善する癒しのパワースポットが【南参道ゾーン(大鳥居から三の鳥居)】【社殿ゾーン(夫婦楠から参拝前)】になり、精神のリセット、道を切り開く浄化のパワースポットは【宝物殿ゾーン(芝生広場から亀石・北池)】、【御苑ゾーン(清正井から花菖蒲から南池)】です。

さらに、みなさんはご存知でしょうか?清正井(きよまさのいど)について。清正井は手相占いで有名な島田秀平さんの紹介で有名になったパワースポットの代名詞的場所です。
しかし、とても注意が必要なのです。というのも、陰陽がはっきりと出る「陰呼」という作りをしており、ブームになったことで大勢の人が押し寄せ、人の気や邪念が貯まりやすくなったとのことです。
そのため陰の気が満ちる夕方以降や、雨の日に訪れてしまうと、悪い気をもらってきてしまう可能性があるのです。なのでちょっとしたお遊び気分で行っていいような場所ではないというわけですね。大高和寿も一度行ったことがありますが、まだブーム前だったので神秘的な雰囲気で人も多くなく、とても良い場所でしたよ。

ですので、本来は湧き出る清らかな水のおかげで強い浄化作用に満ちている素晴らしいパワースポットなのです。正しいとき(晴れた日の午前中まで)に訪れるのであればきっと良い効果が望めることでしょう。清正井へ訪れたら、社殿への参拝を欠かさないようにしましょう!きっと良縁のパワーをもらえることと思います。悩みや、ストレス、気持ちが行き詰ったときなど、明治神宮に行くことで晴れやかな気持ちになること間違いなしです。

そんなわけで、原宿は派手で個性的な街というイメージは少しは払拭できたでしょうか?意外な一面もある原宿について今後もどんどん紹介していきますよ!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 阿含宗の関東別院の役割は、関東にある複数の道場を総括する役割があります。関東には道場がたくさんありま…
  2. 大学に入学時には決してマッチョではなく、どちらかというと細身の体型をしていた神澤光朗ですが、今はジム…
  3. 庭野仁司は、出身地が北海道札幌市で、現在は埼玉に住んでいる30歳の独身男性です。血液型はAB型で、都…
ページ上部へ戻る