仮想通貨ワールドフレンドシップコインとは?|使用方法は?

WFCと表記されるワールドフレンドシップコインは、ただの仮想通貨ではなく、そのコインを活用したプロジェクトが予定されているのが特徴となっています。現在はまだメジャーとはいえませんが、今後に期待できる仮想通貨です。

仮想通貨ワールドフレンドシップコイン(WFC)とは?

ワールドフレンドシップコインは仮想通貨でありながら、このコインを使用したさまざまなプロジェクトが予定されているのが特徴です。世界の国々が友好になれることを目標に、寄付や決済ができるようになるだけではなく、特別な特典を予定しています。仮想通貨の特徴であるブロックチェーンという分散して台帳の記録ができるシステムを活用して、ダイヤモンドの産地による発掘から商品化までの流れを記録し、そのダイヤモンドの購入可能となる予定です。

こうしたプロジェクトが進んでいけば、ワールドフレンドシップコインを所有していることで世界がつながるプロジェクトに関わっているということになり、その点が他の仮想通貨と異なる部分です。

ワールドフレンドシップコインの使用方法は?

ワールドフレンドシップコインは3か所の仮想通貨取引所で購入できるわけではありません(2018年現在)。独自のウォレットと直接コインをチャージできる独自のカードを開発予定です。変えた仮想通貨として利用することも出来ますし、そこからさらに自分の国の通貨に変えることでお金として利用することが可能です。これは2018年時点での状況で、今後ビットコインなどのようにワールドフレンドシップコインをそのまま利用する店舗などが増えてくれば、こうした変換をする必要はありません。まだ直接利用できる店舗がないというのは不便に思うかもしれませんが、それだけまだマイナーな仮想通貨ともいえるので、今後の価格上昇を期待することができるかもしれません。

店舗などの他にも、予定されているプロジェクトではワールドフレンドシップコインの投資も可能となっており、よりプロジェクトが進行すると、ただ仮想通貨として保持するだけではなく世界各国の事業への投資手段としても活用可能です。

まとめ

ワールドフレンドシップコイン(WFC)は仮想通貨という機能以外にも、ダイヤモンドの購入やサッカーへの投資やチャリティーなど、世界が友好的になることを目的としています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 初鹿明博は駅頭演説をしない政治家にとって街頭や駅頭での演説は非常に重要です。特に選挙が近づくと多くの…
  2. 池田富一です。生まれてから30年近く経ちますが、子どもの頃は「ぼくが大人になる頃にはタイムマシンとか…
  3. インテリアデザイナーとして活動している徳永祐助は、自身の事務所を持っています。徳永祐助はオフィスの作…
ページ上部へ戻る